借金返済NAVI

インターネットでも相談できる弁護士・司法書士が多くいますが、最初から面談希望であれば、各地域で相談できるところを利用しましょう。

ブラックリストとは?

消費者金融や銀行など貸金業者は「返済の見込みのある人にお金を貸す」ということが大前提なので、貸し付ける人の信用情報が必要になります。
この信用情報に、『事故情報あり』と記載されることを俗に「ブラックリストに載る」と言われています。
ローンやクレジットを利用した際に、貸し付け金額や契約の種類、支払い回数、残債額、入金額等など、個人の信用情報が信用情報機関に登録され、新たに貸し付ける際やローンを組む時に参照されるのです。 実際にはブラックリストというものは存在せず、各個人の情報に事故情報が記載され、約5年間記録として残ります。(破産の場合は約7年〜10年間)
ですから、事故情報が載ってしまうと基本的に新規に借り入れや新規にクレジットカードをつくることが難しいといえます。
もし自分の信用情報が気になるのであれば、信用情報開示請求するのもひとつの手段といえます。

借金返済の解決のために

債務整理の無料相談を行っている弁護士・司法書士が多くいます。
特にWEB相談はスピーディに対応してくれるため利用している人は多くいますし、面談だと聞きにくいことをあらかじめ確認できるところも利点です。
最初から面談は緊張するし…という人は、WEB無料相談を利用してみることをおすすめします。